診療科目

一般診療科 / 家庭医学科 内科 小児科 / 婦人科
プライマリ・ケア医は眼科や皮膚科、及びアレルギー科に関する診療も行います。

専門科

ペインマネジメント科、産業/予防医学科、アレルギー科、放射線科、心理カウンセリング科、理学療法科、東洋医学科(鍼・漢方)、栄養カウンセリング科、エステティック科

その他のサービス

人間ドック/健康診断/企業健診、予防接種

ご注意1:上記に記載されていない診療科でも、当クリニックの医師が初期診療を行い、適切な専門医を紹介いたしますので、お気軽にご相談ください。

ご注意2:日本で使われている『プライマリ・ケア』という言葉には、アメリカとはニュアンスの違いがあります。詳細は下記をご覧下さい。

診療科目

  • プライマリケア

    アメリカでは、まずプライマリ・ケアを行うファミリードクターのところで診療を受けるのが普通です。プライマリ・ケアには、一般診療科、家庭医学科、内科、小児科、産婦人科が含まれ、プライマリ・ケアを行うドクターの事をPCP(プライマリ・ケア・フィジシャン)と呼びます。彼らは、内科や小児科など幅広い研修を受けており、彼らが専門医による診察や治療が必要だと判断すると、適切な専門医を紹介する仕組みになっています。

  • 一般診療科

    家庭医学科、内科、小児科、産婦人科などをまとめて一般診療科と呼んでいます。それぞれの診療科についての詳しい説明は下記をご覧ください。

  • 家庭医学科

    アメリカでは日頃からご家族が掛かりつけになっている医師のことを『ファミリードクター』と呼び、基本的にはどのような症状の場合でもファミリードクターにまず診察してもらいます。ファミリードクターは手術や、専門治療を受ける必要があるかどうかを判断し、必要に応じて適した病院や、専門医を紹介したり、入院や手術の手続きなどを行います。したがって日頃からご家族の病歴や健康状態を十分に把握し、健康管理を任せることの出来るファミリードクターを持つことは、安心してアメリカ生活を送るためのファーストステップです。

  • 内科

    家庭医学科が大人から子供まで広く担当するのに対し、アメリカの内科医は大人の健康管理を総合的に行っています。高血圧、糖尿病、高脂血症といった生活習慣病の管理をはじめ、癌、心疾患、脳疾患の予防と治療、そして目や耳、精神病、婦人科といった専門分野についてもご相談いただけます。

  • 小児科

    大人への診療と違い、子どもの生理学には年齢に応じた対処が必要です。小児科は、そんな子供たちのからだや心理、そしてこころの全体像を把握しながら医療を施す『総合診療科』です。

  • 婦人科

    女性の病気、例えば月経などの悩み、婦人科健診など、女性の不安、お悩みに対応致します。